ただいま
大量の荷物を抱えて飛行機に乗ったので、
また、レンタカーです。
実は規定の重量の32キロをオーバーしていたのですが、
特に何も言われませんでした。
混んでいる時期を除いて、重さは割と大丈夫なんですって。
だったらもっと持ってくれば良かったヨ・・・・・・

アメリカの入国審査の際、
化粧なんて、もういいやーと思って、すっぴん&めがねで行ったんですよ。
そしたら、係の人が、
「写真と随分顔が違うわねえ、化粧アリとナシ?」
わたしと写真とを、視線を往復した挙句、この一言。
いくらなんでもハッキリしすぎだっつーのね。
食べ物も山ほど持っていたんですが、
申告する用紙に「食べ物なし」と書いたので、ここもスルーできました。
↑もしも、つっこまれたら、英語がわからなかったと言うつもりだったので・・・・・・

レンタカーは、サンフランシスコから乗るのが2回目ともなると、慣れたもんです。
フリーウェイはおっかなかったですが、
今回はきちんと2時間で到着しました。

今回は、飛行機で爆睡できたので、時差ぼけもありませんでした。
というか、時差ぼけにならないコツをつかんだみたい。
コツ、っていうほど大層なものではないのですが、
腕時計を、太平洋の真ん中くらいで、現地の時間に変更するとイイですよ!!
脳をダマしてる感じですが、でもあんまり疲れません。
・・・・・・・・・既出ですかね、このネタって。
みんな知ってるのかな、もしかして。

でも、わたしは今回発見したので、堂々と書いちゃう。えへ。
[PR]
by naokochin1 | 2006-01-13 15:08 | American Life


<< 「龍は眠る」 四川料理 >>