ジンクス
先日のピアノのレッスンでこんなことを言われました。
練習をたくさんしすぎると下手になるっていうジンクスがあるんですって。
おぉ、そりゃマズイ!
・・・・・・って、そんなに練習してるのかいなわたしは。

たくさんたくさん練習して、自分に自信がもてるくらいになれば、
緊張なんてしなくて、余裕を持って演奏ができる・・・・・・はず、なんですが。

わたしの、何が問題かというと、
「イイトコ見せたい」
これがいけないんでしょう。

練習で100%出来てたとして、本番は8割程度できればマルだと思うんです。
もちろん100出来れば言うことナシですが・・・・・・
でも120%を見せたいと思うからうまくいかないんです。
なんか、毎回同じことを言ってる気がしますが、
改善されるのは一体いつなんでしょう。

出来るときと出来ないときの差が激しすぎて、
やんなっちゃうこともありますけど、
ここでやめちゃったらオシマイなこともわかってるし。

たとえば、ピアノに限らず、
ひとの失敗に寛容になれないときとか、
ひとの親切に素直になれないときとか、
自分自身を振り返って落ち込んじゃいますよね。
こういうときの演奏は良くない。好きじゃない。

というわけで、わたしの目標、
「ピアノと自分にやさしくする」
やさしいきもちだと、なぜか大丈夫なんです。

ピアノをイイコたんするくらいのきもちで、
だいすきオーラ出しまくりで、
弾いてきます。
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-14 15:52 | Piano


<< ピアノのファイナルのこと ファイナルらしさを実感しました。 >>