一輪車のビデオ
一輪車がとてもじょうずな子がいるんです。

わたしは一輪車のことをくわしく知りません。
なので初めてそれを聞いたとき彼女にこう言ったんです。
「わたしが想像できる最高のスゴイよりも、
実際はもっとスゴイことをするんでしょうね」
って。

そのあとビデオを観る機会があって、
一輪車のプロモーションビデオみたいなのだったんですが、
なんというか、もう、すごかったです。

彼女の演技は、フィギュアスケートみたいなかんじ。
スケート靴の代わりに一輪車に乗っているような。

男の子たちの演技は、スケボーやマウンテンバイクみたいなかんじ。
階段の手すりを一輪車に乗って降りたりとか、
歩道と車道の境目にある進入禁止の鉄のポールの上を、
一輪車に乗りながらぴょんぴょん跳んだりとか。

上手でしたよ~。
でも、彼女に言わせると、
「全然練習してないで撮影になっちゃったから、
出来てたことの半分も出来てない状態で、
一輪車仲間がコレを見たら、『どうしちゃったの~?』って言われちゃう」
だそうな。

一輪車の競技人口がどのくらいいるかわかりませんが、
少なくとも、わたしや、寮の他の人たちはスゴイって思うんだから、
世間一般で考えても、スゴイと思う人の方が多いと思います。

練習しないとすぐ衰えちゃうのは大変。
でも、どれもそうか、ピアノも、勉強も。
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-12 14:09 | Various


<< ライティングのクラスを振り返って お尻に火がついてから・・・ >>