昔取った杵柄はでかかった
先日、母親と話をしていて、こんなことを言われました。
(注:秋田弁なので、標準語に勝手に翻訳しています)
「昔は成績が良くて、当たり前のように学年で1番とか2番とか、取ってたじゃない?」

最近ではあんまり誰も信じてくれませんけど、
ホントの話なんです。
わたし、優等生だったんです。(笑)

というか、当時好きだった男の子が、たまたま勉強の出来る子で、
わたしは負けじと猛勉強してたんですよ。
なんてかわいらしい、昔のわたし。

「でも、全国1位になったときはおどろいた」
と、うちの母。
「は?なにそれ」
まったく覚えていませんが、
進研ゼミだか旺文社だかの全国模試で、
英語だけ1番になったことがあるらしい。
そういえば、模試を受けまくっていた時期があったけど・・・・・・

わたしにとっては、学校のテストの順位の方が重要でした。
だって、その男の子に負けたくなかったから。(苦)

かわいらしい、というか、
全然かわいくないじゃんね、わたし。
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-06 15:36 | Various


<< 音楽鑑賞みたいなかんじ リーディングのクラスのクイズのこと >>