リーディングのクラスのクイズのこと
リーディングのクラスのクイズは、
ほとんどがボキャブラリーの問題です。

出題のパターンは毎回同じ。
穴埋めで単語を入れていく問題と、
指定された単語を使って、文章を作る問題。

前者は選択肢の中から選べばいいだけなので、
勉強していれば、全問正解、のはず、普通は。
後者に関しては、
単語の使い方が意味を成していれば、
冠詞とか、語順とかがちょっとくらいおかしくても、マルをもらえます。
だから、とにかく、とりあえず、書きます。

ビミョーな英文が出来るのは毎度のこと。
きっとみんなの答案を見て、先生はときどき笑ってるんじゃないかしら。

今回の問題にあったのは、“the last resort”
「至上の楽園」みたいな意味だと思ってたんですが、
違いました。
ホントは「最後の手段」とか、そんなような意味です。

終わって、教室を出たら、
早く解いて先に帰ったはずのクラスメイトが外にいたので、
なんて書いたか、聞いてみたんです。

「最後の手段は、お金が底をついたら自分の国に帰ること・・・・・・」
「学校を辞めるのは最後の手段・・・・・・」
「(今はアパート暮らしだけど)寮に住むことは最後の手段・・・・・・」

フツーに、みんな、自分のことを正直に書いていたので笑ってしまいました。
先生も、絶対事実だと思ってるにちがいない。

やたらとヘンなことは書けないな~と、思ってしまいました。
ていうか、こんなことをセメスターの終わりに発見したって、
もう遅いってかんじ?
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-05 15:01 | School


<< 昔取った杵柄はでかかった 勝ち負けのないゲーム >>