イギリス人みたいに・・・
先日、おともだちとお話をしていて、彼女がいきなり、
「ここ、見て」
というので、見ると、カットソーにちょっとほつれが。
ちょっと・・・・・・っていうか、それは直径3センチくらいで、結構な大きさ。
袖の内側部分だったので、言われなければわからない場所と言えば言える。

「縫いなよ~。イギリス人みたいに、物は大切にしなくちゃ!
わたしもこっち来てから靴下3足縫ったよ?」
「・・・・・・ていうか、イギリス人の持ってるものって、
ひとつひとつがいいものじゃん~」
「・・・・・・・・・・・・わっかる。ユニクロの靴下縫っちまっただよ」

実はわたし、日本にいたときもこういうこと普通にしてたんですよねえ・・・・・・
見えないところは貧乏性です、とても。
「芸能人1ヶ月1万円節約生活」とか、
この手の節約系の番組、大好きでした。

アメリカだと、みんな節約生活をするので、
浮かずに済んでいます。

日本のときと比べると、わたし自身はたいして生活レベルに変化はありません。
↑なんかちょっと、悲しい。
前の会社では、わたしはお弁当派だったんですが、
パートのおばさんとか、引継ぎで入った人とかは、外食派でした。
ランチなんてヘタしたら5分で終わるのに、
それに1000円かけるのって、とってももったいないと思いませんか?

あ、なんかこれって、マメな女の子みたいな発言じゃないですか?
自画自賛??
[PR]
by naokochin1 | 2005-12-01 13:36 | American Life


<< 「人形の家」 教育の違いについて >>