外交問題は留学生に影響を及ぼしているか?
まじめなタイトルですが、中身はいつもどおりデス。

テレビがないので情報が古いかもしれませんから、
夏の時点での話、ということにしましょう。

北朝鮮との拉致問題、韓国との竹島問題、中国との靖国神社の問題、
あのときは、韓国とモメていたのが一番の問題だったのかな。

日本人はそういうこと、あんまり気にしませんよね。
興味がないと言った方が近いかも。
それともわたしやわたしの周りにいるひとたちだけでしょうかねえ、
気にしていないのは。

まあ、ともかく、日本人はそんなことを気にしないのはわかっていたので、
韓国の子に聞いてみたんです。
「韓国では日本がキライって言う人が増えてるそうだけど、
あなたはどんなふうに思ってるのか聞いてもいい?」
って。
↑・・・・・・・・・わたしってチャレンジャー?
若い子だから聞くのも差し支えないだろうと思っての判断だったんですよ、一応は。

そしたら、
「別に気にしないよー。わたしの知ってる日本人はみんないいひとだから」
みたいな反応。

ホントは気にしているかもしれないんですが、
でもまあ、彼女がわたしに、
「竹島返してよー」
って言ったって、ねえ?

日本のTVのニュースでよく見た「日本キラーイ」系のひとたち・・・・・・
あれは、ごく一部の外国人なんでしょうか?
それとも、報道が大げさなんでしょうか?
あるいは、「気にしない」と言った前述の女の子も、自分の国に帰ったら、考え方が変わるんでしょうか?

たとえば、靖国参拝の問題とかも、
結局どっちが正しいのか、なんてわたしにはわからないです。
お互いの立場が違うから、正しさの概念も変わっちゃうでしょ。

↑そういえば、ファイナルファンタジー(注:ゲーム)の中で、
似たようなセリフがあったなあ。

敵と味方とを区別しているのは、「善」「悪」ではない、
とか、そんなようなセリフ。
それぞれの立場から物事を見たら、
お互いのしていることがすべて「善いこと」に見えるのは当たり前で、
考え方や立場が違うから「悪い奴」というわけじゃない。

逆にゲームの中ならなおさら、
「こいつは敵だから悪い奴」って言い切ることができるけど、
このゲームを作った人たちは、そうじゃないってことを伝えたかったみたい。

自分の価値観を中心にすべてを考えてしまうものだけど、
そういうものだけど、
それでも、違う考えのひとの話も、聞く耳は持っていたいなと思ったのでした。
賛成できなくても、理由を聞いたり理解したりはできるから。

案外、わたしのこの考え方は、ゲームの中から生まれてきたものだったりして。
・・・・・・・・・そうだとしたら、なんか安いなあ。
[PR]
by naokochin1 | 2005-11-19 11:46 | Various


<< 野菜を食べる とある週末 >>