プロコフィエフのこと
プロコフィエフはロシアの作曲家で、ピアニスト、
だそうです。
ロシア革命のころの人なので、比較的新しい。
新しいといわれているラヴェルよりも、若いんです。
名前からすると古そうですけどね、とっつきにくい名前ですし。
ワガママな頑固者で、結構まわりは苦労したとか、どうとか。

ロシア革命から第一次世界大戦にかけての時期は、
海外で活動していたようで、
それほど戦争などの影響は受けなかったようです。
それ以前はオペラやバレエ音楽を中心に作っていたようですが、こういうジャンルが徐々に時代遅れになっていく時代でもあったようです。

このころ作られた曲で、
組曲「キージェ中尉」というのがあるのですが、
人の名前がついている曲にしてはちょっとめずらしい曲調です。
なんというか、皮肉っぽいんですよ。
この音楽からは敬愛の念が読み取れません、わたしには。

プロコフィエフはこの時代に不満だったのかも。
このころのロシアを代表する人といえば、レーニンです。
プロコフィエフはレーニンの体制に不満だった・・・・・・?

わたしのただの想像です。
でも、機会があったら聞いてみてください。
わたしの考えに賛成か反対か、知りたいです。
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-30 06:30 | Piano


<< 時差があるみたい・・・ わたしはまだ、好きになれずにいます。 >>