日本じゃありえないんですけど・・・
1週間ちょっと前に、銀行から郵便が届いてたんです。
中身は「お取引明細」みたいなやつ。
日本の新生銀行とシステムが似てるなあって思いましたが、アメリカの銀行はどこでもこうなのかしら?

ちなみにわたしが口座を開いた銀行はWells Fargoという銀行です。
アメリカの銀行といえば、Bank of AmericaCiti Bankくらいしか知らなかったので、作るならそのどちらかだろうと思っていたんです。日本にも支店があるみたいですし。けれども、あいにく近所にはWells Fargoしかなかったんです。カレッジのオリエンテーションに「銀行口座の開設」の説明に来ていたのも、Wells Fargoのスタッフの方でしたし。
ここで作らなくちゃいけないのかなあー・・・・・・
マイナーな銀行っぽいんだけどー・・・・・・
と思ったんです。でも、おともだちから、Wells Fargoは日本の都市銀行みたいなもので倒産の可能性も少ないと聞いて、そんならまあいっかと、作ることに。


そうそう、郵便の話ですね。
明細が届くのが初めてなので、じ~っくり読んでみたんですよ。
そしたら、心当たりのない金額が引き落とされてるんです。
トールフリーの番号も書いてありましたが、電話は苦手。
説明できても、聞き取れないから(苦)。
そこらへん若干小心者なので、直接窓口に行ってきました。
アメリカの銀行は週末でも窓口が開いているので、便利なんです。

まあ、結論から言うと、行って正解。
必要のないチャージがかけられていたようで、
今回引き出されていたお金も戻してもらい、
次回引き落としがかからないようにも、してもらえました。


教訓。
明細は隅から隅までチェックする。

日本のも、きちんとチェックしたほうがいいかもしれないですよ?
ネットで買った海外のものとか、海外旅行の請求とかは特に。
もしかしたらわけのわからないのが引き落とされてたりして・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-22 11:20 | American Life


<< やっちまいました。 留学生が住むところ >>