わたしはザルではありません。
わたしはお酒が好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・誰ですか、いまさら何を、ってつっこんでるのは。

お酒を飲める、と言うと、いつも勘違いされるんですけど、
好き=ザル
ってわけではないんですってば。
普通(?)に酔っ払います。・・・・・・ゴキゲンになります。

というか、年々、どんどん、翌日までお酒が残ります。
前の会社のときは飲み会になると、10杯20杯ビールが当たり前だったので、翌日が大変でした。わたし以上に周りの男性社員も苦しそうで、さらにその周りは酒臭さに辟易してましたけど。


こちらでは飲み会のことをパーティって言うんですよね。パーティというと、どうしてもきらびやかな結婚式の二次会みたいなのを想像してしまいます。ドレス着なくちゃ~みたいな。
アメリカ人の若者たちは週末みんな出かけていくけれど、
飲んでも運転するんでしょうかねえ・・・・・・
もしくは飲んだら運転しないで、オールするんでしょうか・・・・・・
・・・・・・・・・どっちもわたしにはムリ!
ということで、地味にひとりで飲んでいます。彼らと同年代だったら、絶対一緒に楽しんでる気がしますけど。

つい最近、飲んだときは、一緒にいたおともだちに対して、
「きみの彼氏に挨拶をする!」
とわたしが意気込んで、彼女の前で英語で予行演習をしたそうで、
そのあと、ルームメイトがシアトルのおともだちと電話していた携帯を奪い取って、
「はじめまして~声がステキですね~」
などと言っていたそうです。まっっったく覚えてないけど・・・・・・

あとで、
「酔っ払うと英語ペラペラになるんだね」
と、言われました・・・・・・・・・(泣)
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-12 14:42 | Various


<< ライティングの書式って? 「疲れる」ことについて >>