2回目のテスト
今日はピアノのクラスのテストでした。
テストという名前の、発表会みたいなものですね、普通のテストみたいなかんじではありませんもん。

普段は個人レッスンなので、テストのあるときだけ、教室にみんなが集まります。
月に1回。
ラクといえばラクですが、自分にすべてがかかってくる。まあ、どの教科もそうかもしれませんけど、ピアノに関しては、どこまでやったら終われるのかが自分自身でも読めないので、前倒しでどんどんやらなくちゃ・・・というかんじでしょうかねー。


で、弾いたんですよ、ピアノ。
ペダルを踏む足がふるえてて、
「オーイ、がんばれわたしー」
という感じでした・・・

私の前の男の子は、ベートーベンのソナタ8番の第1楽章(悲愴の第1楽章)を弾いたんです。
結構ばばーんと鳴らす部分が多い曲。
男の子が弾くと迫力があってかっこいいんですよ。

そのあとにわたしが(たまたま)弾いたもんだから、わたしのフォルテがフォルテに聞こえない!
ピアニッシモ同然・・・・・・くーやーしーいー。
わたしは一生懸命たたいてるのに、かるーくかっこよくフォルテを出されると、やっぱりくやしいです。
そんなわけで途中から、フォルテをあきらめてキラキラ系に聞こえるように弾いた、つもり、です。中盤のお琴みたいなキラーン♪というところは特に。

次は何を弾こうかなあ・・・・・・
[PR]
by naokochin1 | 2005-10-06 04:32 | Piano


<< 音楽メジャーだとこんなデメリッ... 電子辞書のこと >>